読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Pain, No Gain

気がつけば不惑、それでも今日も絶賛迷走中。

息子が急にモテはじめたので、親がソワソワする話

photo by imjoshdotcom どうやら長男がモテている。大変けしからん。 奥さんによると、よくクラスメート(女子)のお母さん達に「あー、あなたが長男くんのお母さん?うちの子、帰ってくると長男くん、長男くんっていっつも言ってんのよー」と言われるとのこ…

iPhone5でiOS8.3にアップデートしたら聯通の4Gを掴まなくなったのでiOS8.2にダウングレードしようとして死んでる話

普段は慎重にiphoneのOSアップデートを実行するのだけれど、今回うっかりアップデートのボタンを押してしまったのが事の始まり。今も現在進行形でややこしいことになっているので、ほぼリアルタイムのトラブルシューティングとしてここにまとめておく。最終…

我が子が病気や怪我をしたら!!いざというとき役立つ3つのサイト

photo by tahitianlime 2児の父となった今でも子供が病気になるとオロオロしてしまうことが多々あります。 今でもそんな調子なので初めての子供が初めて熱を出したり、嘔吐したりした時には、もう自分自身が熱が出たり、嘔吐するんじゃないかというくらいに…

欧米日中韓の音楽が何でも聞き放題になる無料アプリ(中国の超絶アプリその2)

本日ご紹介するのは「QQ音楽」。 iPhoneはこちら iTunes 的 App Store 中的“QQ音乐” Androidはこちら QQ音乐 - Google Play の Android アプリ QQというのはTencentという会社が運営するメッセンジャーやポータルサイト等々の ブランド名、と勝手に理解して…

お金にお金を稼がせる方法(うさんくさいです)

photo by @Doug88888 お金にお金を稼がせる。寝ている間にお金が増える。 タンスにお金を眠らせることが大好きな我々日本人にとっては、 何とも胡散臭く感じられるフレーズです。 まさにこれを地で行く商品が2013年6月に中国で誕生しました。 それが「余額宝…

眠いのに眠れない。不眠症から脱出するためのテクニック。

photo by rekre89 いつもより眠い。疲労感が強い。今すぐ横になって目を閉じたい。 そう思っていつもよりも大分早くベッドに飛び込んだものの、何故か眠れない。 おかしいなあ。変だなあ。でも、そのうちいつの間にか眠りに落ちているだろう。 ところが睡魔…

上海で家の賃貸借契約を更新してみた

photo by Herve Boinay 現在、僕は上海の賃貸住宅に絶賛居住中。 契約期間は1年単位で、契約満了が近づいてくると家賃や備品といった契約の条件を 大家と交渉して、条件が折り合えば契約更改、不満なら退去するというのが一連の流れ。 (交渉は不動産会社や…

英語が話せなくてダメダメだったというおはなし

photo by rene.schaefer 英語を話す事がどうしようもなく苦手。 読んだり聞いたりする分にはある程度理解出来るし、文章を書くのも辞書を引きつつなら何とかなる、様な気がする。 でも、話すとなると、もうからっきしダメ。 (えーと、今こういうこと言って…

いわゆるPM2.5について(日米中の基準比較つき)

今日は久しぶりに上海で青空が見えました! と思ったら写真を撮り忘れ、いつの間にかいつものように霞んだ空になってました。残念。 日本であれば、青空が見えない場合、雲が出ている、ということになりますが、中国の場合、空が霞んでいる場合、大抵PM2.5の…

海外での子供と絵本とのつきあい方

photo by Bisayan lady 長男は毎日寝る前にベッドで「絵本読んで!」とせがんできます。 子供と絵本のつきあいというのはとても不思議で、同じ本を何度も何度も繰り返して読みます。 大人は小説や雑誌や新聞といった読み物を読みますが、 すり切れるまで何度…

中国で日本のテレビが観られるの?

中国でのテレビ視聴環境はかなり先進的、先鋭的です。 法的・道徳的問題点が多分にありますが、現実の姿としてご紹介します。 イリーガルな気配がするiHome 我が家では、前任者が置いて行ってくれた謎の装置のお陰で 日本のテレビ番組がリアルタイムで視聴で…

楽に痩せる?

photo by aktivioslo 肥満度合いを示す指数であるBMIご存じですか? BodyMassIndexの略称で、体重(kg)÷身長(m)×身長(m)で求めることが出来ます。 18.5~25未満が標準範囲となり、これを越えるといわゆる肥満というやつに該当します。 僕は身長181cm、体重75k…

バックアップ、それは魔法の言葉

photo by jm3 普段はその存在感をほとんど感じさせず、いざとなったら颯爽と現れ問題解決。 憎らしいほど小粋なヤツ、それがバックアップ。 存在感がないので、軽んじてたら大変な目に遭いました、というお話です。 突然やってきた緊急事態 仕事を終えて家に…