No Pain, No Gain

気がつけば不惑、それでも今日も絶賛迷走中。

アンポの是非を今更問うてみる

http://www.flickr.com/photos/31029865@N06/6700031823

photo by Dick Thomas Johnson

ブログを始めるにあたって、極力政治の話をすることは避けようと心に決めていた。

 

大体、大人のマナーブック的なものにも「政治・宗教の話題は避けましょう」って書いてあるし。そのへんのタッチーな話は触れない方が、お互いに幸せだったりするよね?みたいな。

 

とりあえず、大人ってのは天気の話と下ネタ話しておけば外さない的な、そういう感じですか、ですよね。ということで僕自身このブログのみならず、社会生活においても、極力下ネタしか話さないように心がけ、上司に「てめー、あの資料今日の朝までにやってこいっつっただろ!何、夜しっかり寝てんだよ!どうするつもりなんだ!」と恫喝されようとも「いやー、僕って朝立ちは半端ないんですけど、ここぞというときにはダメなんですよね...」としおらしく見せることで「お、おぅ」とそれ以上の追求を回避してきた。目には目を、パワハラにはセクハラを。どこぞの教典の教えも取り入れつつ、社会の荒波に飲み込まれず、新型うつにも感染せずになんとか無病息災でやってきたつもりだ。

 

だが、今回の件だけは、日本人として生まれ、日本を愛するが故に、やはり黙殺することはできない。中国でも大々的に報道されており、何万人もの人が立ち上がったという。

 

ということで、時すでに遅しの感も無きにしも非ずだが、敢えて今ここで問いたい。

 

 

 

 

 

誰だ僕のデリケートゾーンをアンポ柿みたいと言った奴は!!

 

アンポ柿とは?

あんぽ柿 - Wikipedia

 

やー、なんか投げやりだわー。とりあえずやっつけで書きました的な感じだわー。(実際今回どれだけ早く書けるか試してみた、というのはここだけの秘密だ)

 

本質には触れないんだけど、今回のケースでは「メディアの役割」を意識せざるを得なかった。ネットもあるし情報がたくさん得られる錯覚を覚えるけど、「本当にそうかな?ムフフ」とどこかで誰かが思っているのかなあという怖さを感じる今日この頃。情報の取捨選択をする能力が試される時代。ブログを炎上させて、批判をスルーすることでその能力を鍛え上げるのが、一流ブロガーの証だと信じて今日もキーボードを叩く。

ま、チラ裏ですけどねー。

広告を非表示にする