読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Pain, No Gain

気がつけば不惑、それでも今日も絶賛迷走中。

怒髪天を衝く!!のは一旦置いといて、子連れで上海!!旅行者も居住者もココ行っときなよ!!

http://www.flickr.com/photos/15333036@N07/3600620644

photo by Edward L

本当に海外に住んでいるんです...

よくよく考えてみると上海に住んでいるとプロフィールに書いておきながら「海外に住んでる感」が伝わらない記事が多いことに気がついた。
「あれ?もしかしてこの人海外住んでるって、嘘ついてんじゃないの?」「やだっ!虚勢張ってるオッサン、気持ち悪すぎ」とか様々な疑惑が渦巻き始めた空気感を事前に察知したので、上海について本気でググり出すことにしました。
 
ということで、定期的に海外生活感を前面に押し出した記事を書いていく、かもしれません。
 

ということで、子連れで上海。楽しめる場所をご紹介致しますね

今日のお勧めは「ケリーホテル」です。
「高級なビジネスホテル」と、褒めてるんだか貶されてるんだかよくわからない評判がある香港系ホテルチェーン、シャングリラですが、そのブランドの1つとしてケリーホテルがあります。2014年現在、北京と上海の2箇所しかありません。

ケリーホテルのお勧めポイント

・アドベンチャーゾーン(=屋内大規模プレイグラウンド)&子供向けプールがある
ケリーホテルの最大の目玉は、この「子供向け施設の充実度」にあります。
アドベンチャーゾーンには以下の施設があります。
・3階建てのアスレチックパーク(幼稚園児向けのものと小学生向けとそれぞれあり)
・2種類のおもしろ滑り台(ほぼ直滑降のもの&幼児も大人と一緒に滑れるもの)
・カフェ
1歳から小学校3年生くらいまでの子供だったら、クタクタになるまで十分に楽しめます。
子供向けプールは赤ちゃんも水遊び用オムツを装着すれば入る事が出来ます。
遊ばせている間は大人はゆっくり出来るし、子供を疲れさせて早く寝させた後で夜はあれこれと勤しむが可能。
・クラブルームのサービスが良い&広い
このホテルに泊まる場合、以下の条件を満たすならクラブルームをお勧めします。
・ご飯はそこそこ美味しい物が食べられればそれでいい
・出来れば外に出たくない。ホテルの中で全てを完結させたい
・子供が突然大声を出したり、暴れ回ったりしない
普通の部屋に比べて表面上の値段は高いですが、朝食・アフタヌーンティー・夕食が付いていること、それ以外の時間もクラブラウンジの利用が可能ということを考えると、実質的にはかなり割安ではないかと思います。但し、クラブラウンジは他のホテルチェーンだと子供の入場が禁じられていたりするくらいなので、あんまり大騒ぎするような子供がいると、周りの白い目によって居心地が悪いかもしれません。
・健身房が広い、かつ24時間営業
僕はホテルステイする時は必ずジムでランニングするようにしています。24時間開いているので、子供が寝静まった深夜23時からとか、朝4時頃とかにトレッドミルの上で黙々とモルモットと化してます。ホテルの隣に併設されたサービスアパートメントのジムも兼ねていることから、ジムの敷地は相当余裕のある造りになっていて、運動でリフレッシュするのに最適です。まだ隣のスパに行ったことがないので、近日偵察予定。
・ショッピングモールが併設されている
ケリーパークサイドというショッピングモールと地下で繋がっています。
レストランが多く入っています。おすすめはタイ料理のHerbs&Spices(沁泰)、四川料理のSouthBeauty(俏江南)。ホテルで食べるよりも割安ですし、ホテルでは食べられない種類のものばかりなので、ホテルごはんに飽きたら足を伸ばしてもいいかもしれません。もちろん日本食レストランも入ってますよ。「和民」ですが...ブラックジョークとかではありません。
また、無印やGAPとかH&Mといった日本人もちょっと興味が持てそうなお店が入っています。(上海でそういう物を買うと割高なので僕は買いませんが)
・近くに世紀公園がある
どでかい公園があります。散歩するにはいいかもしれませんが、特に何があるわけでもありません。ランニングしたりするには良いと思いますよ。
浦東空港へのアクセス良し
居住者からするとどうでもいいことではありますが。空港まで車で30分くらいの距離なので、上海近郊都市に住んでいる人であれば、日程に余裕があればココに宿泊してから海外に飛ぶというのは悪くない選択肢です。
一方で、上海観光に来た人が敢えてココに泊まる必然性があるかというと微妙。それなら、観光名所でもある外灘辺りに泊まるのが良いんでしょうが(系列でもあるシャングリラもあるし、ウォルドルフ・アストリアとか、ハイアットもあるし)。
 
ということで、ネットでも調べられるような情報で、しかも画像なしでお送りしました。
現場からは以上です。