読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Pain, No Gain

気がつけば不惑、それでも今日も絶賛迷走中。

ブログを書く上で心がけるべき重要な事実

http://www.flickr.com/photos/54844390@N05/5110834170

photo by MowT

今更ながら気づいてしまった。
ブログ界というのは書き手の欲望を満たすために、読み手やその他の人から何かを奪うという略奪の世界だということに。
僕は知らず知らずのうちに恐ろしい世界に足を踏み入れてしまった。
 

誰からか奪ったものと同等以上のものをお返ししよう

恥も外聞もなくさらけ出そう。
このブログの昨日のPVは33PV、そして平均滞在時間は41秒だ。延べ22分。
多いと捉えるか、少ないと捉えるかは人それぞれ。
ちなみに、僕は同時期に開始した他の人のブログにはてブが大量に付いているのを見て、地団駄を踏みまくってはいない。奥さんと「今日もPVがイマイチだったんだよ」「また、今日もその話?もう聞き飽きた。」という会話なんて決してしていない。
 
ここで着目したいのは、僕が涙目になっているということではない。
「様々な人の22分をこのブログが飲み込んでいる」という事実だ。
もしこのブログが存在しなければ、論文をコピペしたり、東欧のどっかの国から領土をちょっぴり掠め取ったり、そんなことに使われたはずの22分。あるいは、Amazonでお買い物したり、他の誰かのブログに目を通したりする事に使われたはずの22分なのだ。
 それを2ヶ月前にブログ界にあまりにも颯爽と現れたがためにほとんど誰に気づかれることもない僕が独占してしまったという事実が恐ろしい。
よそ様から頂戴した22分は、その人達が今まで使っていた22分よりも有意義なものになっているのだろうか?
 
ただの私的な日記なんです。ちょっとしたアイディア置場なんですよ。というのであればブログを非公開にするはずで、それを敢えてネットの海に文章やら画像といったデータを放流するのは他人の目に晒すことで自己承認欲を満たしたい、あるいはアフィリエイトを通じて物欲を満たしたいという意図が多かれ少なかれあるということだ。
「他人の目に晒す」というのは、言い換えると「他人の時間を奪う」ことと同義だ。
 
そして奪われるのは他人の時間だけじゃない。エントリーを書くために費やされた電気代、はてなの中の人の費用やサーバー費用、通信費用、PVが少ないと地団駄を踏んだことで生じた地盤沈下はてブがもらえないことで落胆して仕事のアウトプットが著しく低下する、その他諸々の社会的・個人的コストとして様々なものを奪っているのだ。
 
果たしてブログの中身はそうやって略奪した何かと釣り合いの取れる内容たり得ているのか。要するにブログを読んでくれた人が何かを考えたり、何か行動したり、次のアクションを起こすためのきっかけを与える内容になっているんだろうか?そうでなければ、全てを無に帰してしまうような質量保存の法則を覆す奇跡のブログになっていると言っても過言ではない。あるいは人類に仇なす落書きと言えるかもしれない。
 
ブログを書くに当たっては「誰かから何かを奪い取る代わりに、僕からも同等以上の何かを差しだそう」といったことを心に留めておくべきだ。
 

でどうすんの?

自分にせよ、他人にせよ何かしらの引っかかりがある記事を書くことを心がけよう。
1)人の心を震わせることの出来ることを書く
卑屈になって読んだ人に優越感を与えるもよし、大して面白くもないギャグを書いて嘲笑されるもよし。お涙頂戴の感動秘話を書くもよし。誰かの心に爪痕付けろ!
2)役に立つんじゃないかなーと思われる「情報」を発信する
これは役に立ったなあと思うことを、今困っている誰かに向けて共有すべく記事にする。もしかしたら、1年後の自分がその誰かになっているかもしれない。それでもいいじゃない、と。
 
それにしても、地団駄踏むのも楽じゃあないよ。
ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

広告を非表示にする